「未成年者への販売は致しません」

2013年2月の記事一覧

DSCF2141.JPG先日受診した人間ドックの検診結果が送られてきて、恐る恐る封書を開封。ざっと経過観察を要するC判定に腹回りと脂質と血糖そして肝機能にチェックがありました、でも基準値を若干オーバーしたぐらいで心配した腎機能や前立腺は基準値で安堵しました。それでも総合判定ではいわゆるメタボリックシンドロームの該当者に認定され、妻からダイエットの強制指令の発動が。今年スーツを新調したこともあり、これ以上腹回りを増やすわけにいかないので渋々ダイエットをすることに決めました。酒は止めらない、スポーツをする時間もないそうすると詰まるところ食べる量を減らすことしかない、でもいきなり絶食するとストレスで違う病気になるので炭水化物を少しづつ減らすことにしました。どこまで続くかな・・・・

  DSCF2138.JPG25日月曜日、猛吹雪だった前日とは違い青空も見える穏やかな日。でも放射冷却の影響で道路はツルツル、新潟酒蔵巡りの旅ご一行が宿を出て一番に当店に立ち寄るので、滑って怪我をされてはと朝早くから目ぼしいところの凍結部を地下水散布作業。

8時40分、ご一行が到着、30数人が一気に狭い店になだれ込む。多分当店始まってこれほど一挙にお客様が入店したのは初めてだろう。混雑分散のために2Fni試飲コーナーを設けたことが功を奏して大きな混乱もなく皆さんDSCF2139.JPGから大人買いをしていただき、無事旅立ち。

こういう滅多にできないいい体験をさせてもらいました。行列ができる店やお土産屋さんの気持ちがちょっぴりわかりました。

クレヨンしんちゃんバスをハルト君に見せてあげたかったな。

昨年の11月、見知らぬ人から1本の電話が。電話の内容は、来年2月に関東方面から30名位で新潟酒蔵巡りの旅を計画してて、その中に当店地元の原酒造がそして泊りは柏崎の温泉旅館ということで、当店で地酒のお土産を買いに寄りたいとのこと。疑り深い私は、また新たな勧誘詐欺かと警戒したが、話をしているうちにもう何回も新潟酒蔵巡りの旅をしているということで、県内のいろいろな酒蔵・酒屋のことも知っていて徐々に真実味が増してエスコートをお受けすることにしました。12月電話された担当者が下見に来店され打ち合わせをして2日間で4つの蔵を巡ることに決定。でも2月はここ数年のことから大雪でどうなるかわからないですよと付け加えました。あれから2ヶ月が経ち、いよいよその当日を迎えました。

今年の当地域(海岸部)は雪が少なく、一週間前まではスムーズに流れかと思っていたが週末に大寒波の予報になり、予報通り新潟の天気は大荒れに。気になって交通情報を確認すると案の定行程表の予定通過時刻の新潟県境から魚沼地方まで高速道路のは交通止め、あらら・・。どうなるかなと心配してたのですが昼過ぎに連絡があり、国道を迂回して何とか新潟県入り。予定をオーバーしましたが、無事柏崎入りして原酒造で出向かえ、そのバスを見てびっくり!デカい、そしてクレヨンしんちゃんが目立つ。

 原酒造の専属芸人T氏の軽妙かつ時間調整した(ざっくりした)蔵案内で無事宿へ。

DSCF2134.JPGDSCF2136.JPGDSCF2123.JPGDSCF2130.JPG

20080601-ningendokku.jpg巷はバレンタインデーで浮かれている中、市の健康診断の人間ドッグを受診してきました。ここ数年毎年人間ドックを受診していますが、いつもは市の保健施設での受診でしたが、今回は初めて市内最大の医療機関での初めての人間ドック。検査項目は変わらないですが、唯一胃の検診がバリウムから胃カメラになること。やはり見てもらうなら胃カメラの方が確実なので、この医療機関での受診希望者が多く抽選倍率の今回は選ばれました。

久々の胃カメラは最先端の医療機関だから、苦しくないかと思ったが結構オエッーオエッーの連発できつかった。でも結果は潰瘍痕があるだけで良好と言われ、それだけでも一安心。後は後日検査結果が送られてきますが、多少の数値の悪いのは覚悟してますが、大きな異変がないことを祈るばかり。頼みます、神様。

日曜の18時家にいるときは、いつもTBSの「世界遺産」を楽しみにしています。特にヨーロッパの歴史の回はロマンを感じいつかは訪ねてみたいところがたくさんあります、今日も世界遺産を見ながら疑似旅行をしながら休日の楽しみの早い盗み酒をしようとスイッチを入れamasakepet02.jpgるとあれニュースになっていました(たまに休止がある)、残念と思いながらコップに入れた日本酒をグビッとしながらチャンネルをチェンジ、グルメ番組に変わりパッと見たら「塩麹の次にヒットする発酵食品は何か!」のナレーションが。オオゥとテレビに注目。次にヒットするのはズバリ!「麹の甘酒」

ピンポーン!まさについ最近HPにアップした 「八海山あまさけ」がもろ麹でつくった甘酒です。その「八海山あまさけ」が出てシメシメと思いましたが、その後はそれを使った料理レシピの紹介で「八海山あまさけ」のインパクトはちょっと薄かったかな(ですのでここで連呼)。「八海山あまさけ」は普通に飲んでも美味しいです、酒粕を使ったレシピも紹介され醗酵飲料である日本酒ってやっぱりイーネッ(クレイジーケンバンド横山剣風に)

当店HP「八海山あまさけ」はこちら。

料理番組はこちらです。

DSCF2086.JPG麒麟山酒造とチョコレート専門店(しょこら亭コスゲ)とのコラボの吟醸入り生チョコが本日入荷しました。年を重ねるごとに注文数が増え、今年は3種類総数で56個というたくさんのご注文をいただきそして大切なバレンタインを当店に託していただき感謝感謝です。

早速、妻から可愛くラッピングしてもらい随時お届けします。

しばらくの間は店名を変えて、『パティスリーSANSEI』と名乗ることにします。