「未成年者への販売は致しません」

2013.06.16 歴史的1勝

  02.jpg早朝5時、エンマ市の通りのある飲食店に納品に行った後、昨日あったラグビー日本VSウェールズのテストマッチの録画を見る。本当はライブで見れればいいんだけど、土曜の昼間なので心落ち着けてみれないので、昨夕から情報は全てシャットアウトして早朝を迎えました。

ウェールズはラグビーボードの世界ランキング5位の強豪で欧州ラグビーシックスネイションで2年連続優勝の強豪(詳しくはウキペディア参照)です。今回来日したのはその時主力は僅かですがそれでも今の日本にとっては数段各上であることは間違いないですが、エディーHCの指導で着実に力をつけてきた力を量るのに絶好の相手です。

先週の第1戦は、ウェールズがなめて油断してくれれば勝機があると踏んでいて実際にヨーロッパにない暑さもありいいとこまでいったけど、勝負所に弱い日本の弱点を露呈してしまい僅差で負ける。それから1週間後の昨日ウェールズは日本に慣れふんどしを締めなおし本気になることが想定され日本の苦戦は免れないだろうと再生のスイッチを押す。

案の定前半は猛攻にあい、ほとんど自陣にくぎ付け状態、いつもなら防御を崩され簡単にトライを献上するところをこの日の日本は全員が一体になって守り、その間隙にPGを2本決めて6-3で前半終了、前半だけで見てるこちらもどっと疲れた。そしていよいよ後半突入。日本はフィットネスと体格差によるスタミナ消耗が課題で前半善戦しても後半に一気に崩れるのがパターンで、この試合も後半早々逆転トライを許しやっぱり08.jpg負けパターンかと消沈したのもつかの間すぐさま逆転トライが生まれさらにもうワントライを重ねリードを広げる。まさかのまさかウェールズに勝つのをこの目で見られるのかと、徐々に気持ちが昂るがラグビーの醍醐味である短時間での連続トライもあるので予断は許さないが、終了間際にPGで追加点を奪い勝利を確信、そしてノーサイドに久しぶりにガッツポーズ。

 最近、前より何事にも感動を感じることが少なくなってきたのですが、久しぶりに歓喜を覚えました。ラグビーは私のビタミン剤のようです(そしてハルトは私の栄養剤)

コメントする