「未成年者への販売は致しません」

2012・神無月14日 八海山蔵見学会 其の弐

午後1時、指定された時間になりいよいよ浩和蔵へ入蔵。出迎えてくれたのが、取締役製造部長の南雲重光氏いわゆる造りの最高責任者。この蔵は、作業している所へは直には入れずガラス越しですがその中央フロアで南雲氏から丹念に丁寧に八海山の酒造りを説明を受ける。説明の最中、蔵人が麹室に麹作り入ってきて作業を始める、改めて驚いた事に普通酒や本醸造といった定番酒の麹作りも全て手作業、生産石数は県内随一なのに。これがいわゆる、全ての酒が吟醸造りと言われる所以。説明が終わりに上槽したばかりの出来立てのお酒を試飲させてもらう、原酒ながらそれを感じさせない口当たりと炭酸ガスがまだ残っていてピチピチと弾けるような食感に一同感嘆。

DSCF1536.JPGDSCF1544.JPGDSCF1548.JPGDSCF1546.JPGDSCF1561.JPGDSCF1567.JPG

 無事、蔵見学が終了。でもせっかく六日町まで来たのだから、寄り道も計画。まずは八海山神社に参拝。脇の小さな滝に鎮座しているパワースポット(ご神体)に合掌(もっと早く行くべきだった)。その後、八海山ロープウェイに乗って八海山山麓から下界を眺める頂上付近は紅葉が始まってきましたが、中腹はまだもうちょっと先みたいです。やはり登山ブームか降りる方は登山者で長蛇の列だった。

DSCF1576.JPGDSCF1580.JPGDSCF1589.JPGDSCF1592.JPG

これで、予定していた行程が全て終了。本当に天気が良くて皆さんから喜んでもらって何より、帰りの車中もワイワイ飲みながら無事帰柏。その後さらに希望者と八海山セールスが合流してはばきぬき、セールスが気をきかして特別な酒を持参。先刻、蔵で飲んだ酒が美味しかったと一番言っていた会長も同席してくれていて特別な酒に大喜び、朝から晩まで飲み通しでしたが楽しい一日でした、次はどこ行こうかな、何しようかな。

DSCF1596.JPGDSCF1599.JPGDSCF1604.JPG

コメントする