「未成年者への販売は致しません」

2015.06.03 巻機(まきはた)会

人が恋しくなってまた人情に触れたくて、先月に引き続き高千代酒造に行ってきました。今日は第19回全国巻機酒販店の集い巻機会総会です。私は一昨年よりの取り扱いで新参者で昨年初参加の予定が体調不良により欠席し今回が初の参加です。

DSCF5005.JPG

遠くは九州からの県外、県内総勢約40名の酒販店が集結。巻機会会長、社長挨拶、「巻機」の製造状況・販売動向そして意見交換会に参加者全員の挨拶を進めます、そこからが今までの酒蔵会と違い、巻機スローガンを皆で唱和しテーマソングである「雪山讃歌」を合唱、参加者名簿帳と言って木樽にそれぞれが寄せ書きをする。(片隅に木樽が積み重なっているのは過去の証)まさに巻機会は社長の家族、子供のようなアットホームな雰囲気に包まれます、そして最後に恒例の記念撮影。この会が19年も続いているのが分かる気がしました。

DSCF5012.JPGDSCF5014.JPGDSCF5015.JPGDSCF5017.JPG

その後は、お待ちかねの懇親会。社長の自宅豪農の館に場所を移し、「純米吟醸 巻機」とともに社長が腕を振うぜんまい煮物、わらび酢の物、ふきのきんぴら、うどの胡麻和え、カジカの天ぷらにさらに高千代酒粕に漬け込んだ牛カルビ味噌付け焼き、豆腐の塩麹漬け、ニジマスの塩焼き、おにぎりに〆はへぎそば、奈良漬けと食べきれない程のご馳走。巻機のお燗が良く合います。

DSCF5019.JPGDSCF5020.JPGDSCF5027.JPG

takachiyomakihatajyungin01waku.jpg蔵人の「高千代酛すり唄」を聞きながらの一杯は昭和初期の風情が。来年の20回は社長が黒田節を舞うとの意気込み(巻機山1967mを登る健脚)にまた楽しみができました。

その「純米吟醸 巻機」はベルギーに本部を置き一流シェフやソムリエで構成されている国際味覚賞iTQiで最高評価である三ツ星を今年で5年連続受賞しています。また国内最高権威の2015全国新酒鑑評会でも大吟醸が金賞受賞をしましたことをお知らせいたします。

最後に「まきはたアルペングロー スローガン」を紹介してその時歴史が動いたを終わりにします

越後秀山 巻機 アルペングロー

積む白雪は 玉水の育ち水

          醸して 互いに酌み交わし

          微笑みうかべて 語り合う

          恵にありし 我等は酒人

          その熱い胸は 永久に青春を生き

          いつも学び どんな課題にも挑み

          すべての人に尽くし

          仲間とともに

          生業の繁盛と真実の道を拓いて進もう

コメントする