「未成年者への販売は致しません」

清泉 七代目 出品大吟醸

 清泉 七代目 出品大吟醸

七代目大吟醸箱付.jpg平成10年(1998年)久須美酒造の若き当主、七代目 久須美賢和(よしたか)が当時専務の時代若き蔵人と一緒になって室に入り醸した若き世代に日本酒の素晴らしさを知って欲しいと願う渾身の酒「七代目 純米吟醸生貯」は今でも多くのファンを魅了しているロングセラーの人気を誇ります。

あれから20余年、さらにパワーアップした「七代目 大吟醸」が遂に登場。久須美酒造は先人が編み出した麹蓋による麹造りをこれからの蔵人にも伝承するべく鍛錬を重ね、理想的な「突き破精麹」を若手蔵人が見事に成し遂げました。そして今までの学んだ酒造りの技術と経験を基に4人の若き蔵人が酒造りにチャレンジ「清泉 七代目 大吟醸」が誕生しました。それはこの秋の関東信越国税局酒類鑑評会に出品します、久須美酒造の新たな歴史の始まりを予感。

七代目 大吟醸製造4勇士 

製造部長・石井敏智

麹屋・前田泰伸

酛屋・高橋豊宗

釜屋・萩原亮輔

【酒質】◆原料米/山田錦 ◆精米歩合/40%

    ◆アルコール/14~15度

【価格】清泉 七代目 出品大吟醸 720ml 3,888円(送料別途)

※ご注文後、自動返信メールが届きますが、実店舗からの総額代金を記載した正式受託メールをお送りしますのでお待ちください。 

平成28年7月 初呑み切りという重要な行事に呼ばれた時に、銘酒亀の翁の脇にあった七代目になんか違和感を覚え、よく見るとあれ瓶系が違うさらによく見るとラベルに大吟醸の表記、思わず社長を見たらニヤッとした顔が忘れられません。

DSC_1046.JPGDSC_1050.JPGDSC_1061.JPG

コメントする